激務の方におすすめの杉並区出張マッサージ

激務の方におすすめの杉並区出張マッサージ

残業や休日出勤が多く、自宅は寝るためだけの場所と化してしまっている方は多いのではないでしょうか?たまに取れた休日も、1日中寝ているだけで終わってしまったり、休む暇なくスケジュールが入っていたりと、ゆっくり休めないまま終わってしまうという方も。そんな方におすすめなのが、杉並区出張マッサージです。マッサージといえば、施術を受けたい側がお店に出向く店舗型が一般的ですが、最近は受けられるマッサージの種類だけでなく、セラピストさんの方から自宅など指定した場所に出向いてくれる、出張型のマッサージも増えています。出張マッサージの最大のメリットは、施術を受けるために移動する必要がないこと。そのため、移動に伴う時間や準備の手間がかからず、施術後はそのまま眠ってしまえるという利点があるのです。店舗型に比べ、遅くまで予約を受け付けているお店も多いので、深夜や早朝でもマッサージを受けることが可能です。一般的な揉みほぐしから、リンパマッサージやオイルマッサージなどメニューも豊富なので、疲れ切った身体をどうにかしたいけれど、動く気力がないという方にもぴったりなサービスです。
疲れ切った身体をどうにかしたいけれど、動く気力がないという方にもぴったりなサービス

閑静な住宅地が人気の杉並区

杉並区は23区の中央部西端に位置し、西側を武蔵野市や三鷹に接します。1932年(昭和7年)に4町(杉並、和田堀、井荻、高井戸)が合併し、杉並区としての区政が敷かれます。杉並という地名はその名の通り、江戸初期の領主だった岡部氏が青梅街道に杉を植えて境界としたことが由来となっています。

区域全体が山手台地上に立地しており、区域内を善福寺池から流れる善福寺川と、井の頭池から流れる神田川(旧神田上水)が流れています。区内をJR中央線、西武鉄道新宿線、東京メトロ丸ノ内線、京王電鉄井の頭線が走り、中央自動車道、首都高速道路4号新宿線、甲州街道(国道20号)が通ります。

杉並区が発達しだすのは江戸時代になってからであり、青梅、五日市、甲州の各街道沿いに新田集落が開拓され、甲州街道の高井戸に宿場町が設けられます。明治時代になると、JRや西武鉄道、京王電鉄沿線を中心として商業地区が形成されるとともに、東京近郊の閑静な環境を備えた住宅地として発展します。

なお、善福寺には武蔵野のおもかげを今なお残す善福寺公園があり、善福寺川沿いには大宮八幡宮と和田堀公園があります。また、杉並区には東京女子大学、高千穂大学、明治大学和泉校舎などの教育施設が設けられています。

トップに戻る