消費者に買い物をしてもらう方法

企業が消費者にモノを勝ってもらうには、効果的なマーケティングが必要ですね。よく用いられているマーケティングのひとつにプロダクト・プレイスメントというのがあります。これは、テレビ番組や映画、テレビゲームなどに、製品やブランド名をさりげなく登場させて、消費者に印象付けるというものです。これは昔からよく使われてきた方法です。

もうひとつは、ステルス・マーケティングで、企業から報酬をもらっている人がそのことは言わないで、日常生活の中で製品を愛用して他の人に勧めるという方法です。

ほかには、口コミ・マーケティングというのもあります。企業の依頼を受けた人たちが、製品について友人に話したりソーシャル・ネットワークで広めたりする方法です。依頼された人たちは、企業から製品のサンプルをもらえたり、その他の特典を得られる場合があるので、力が入るわけです。

また、企業の広告では、この製品を購入すれば、健康や安全、幸福、ストレスからの解放などが約束されるとか、あなたのステータスがあがるなどということが強調されます。本当にそうでしょうか?宣伝に惑わされないように、現実を踏まえて買い物をしたいものです。