デビットカードについて

デビットカードが使われ始めて久しくなります。デビッドカードは、クレジットカードと違って銀行に預けてあるお金の範囲内でしか買い物ができず、代金は購入と同時に口座からお金が引き落とさる仕組みになっていますね。ですから使いすぎを防ぐことができます。また、クレジットカードのように審査がないので、原則誰でも作ることができるというメリットもあります。

デビットカードのデメリットというと、クレジットカードなら決算のときにサインだけでいいですが、デビットカードは、決算の時に、銀行のキャッシュカードの暗証番号を入力する必要があります。

ですから、他人に暗証番号を盗み取られないように注意しないといけません。また、クレジットカードなら24時間利用できますが、デビットカードは深夜など利用できない時間帯もあるという点もデメリットですね。

それからVISAデビットというのもあります。VISAマークのある加盟店でクレジットカードと同じように使えるカードです。支払いは1回のみ(一括)になりますが、世界中のVISA加盟店で使えますし、ポイントの付与やキャッシュバックもあります。デビットカードよりは使い勝手がいいカードだと思いますね。
今回はデビットカードについて解説しましたが、その他にカードローンも便利です。カードローンは借金と同じですが、1ヶ月無利息で借りれる所もあり急にお金が必要になったときでもすぐ貸してくれるのでおすすめです。
カードローンについて紹介されているサイト→専業主婦でも借りれるカードローン※家族に内緒&即日OK!